敬老園が人気|老後を過ごしたくなる空間がココにある

男性と女性

医療費請求業務で使用

パソコンを操作する人

電子請求する場合に使用

介護保険請求ソフトは、介護保険を利用する訪問介護や訪問看護のサービス提供事業者が各自治体の国民健康保険連合会へ医療費の請求の際に使用する保険請求専門のソフトです。俗に言うレセプト請求という事務作業の一つで、医療費の請求を電子請求で行う医療機関は、介護保険請求ソフトを使用します。介護保険請求ソフトは、介護保険請求を行う伝送機能のみを搭載している介護保険請求ソフトもあれば、介護保険利用者の情報から利用実績、医療費の計算、伝送までを搭載した介護保険請求ソフトもあります。コストや機能によって価格は異なりますが、介護保険請求ソフトを使用するメリットは、医療費の入金が紙レセプトで請求するよりも早いこと、伝送機能を使用することで医療費請求の手間が省けることです。医療費請求の手間が省けるということは、紙レセプトの場合、国民健康保険連合会へ提出することになります。その際、介護保険請求ソフトの伝送機能を使用することで、パソコン一つで医療費請求が完了するため、時間的な手間の差のメリットが大きいからです。価格は最低でも月額1,000円で使用できるソフトからあります。業務やコストを勘案して、どの介護保険請求ソフトを使用するか決めると良いです。使用するソフトが電子請求できるかどうかを確認した上で、購入することをオススメします。国民健康保険連合会が提供しているソフトもありますが、市販のソフトも様々あります。いずれも高い機能が備わっています。